具善玉様に、語学を学び始めた経緯や、アイケーブリッジ外語学院の感想をうかがいました。

(プロフィール)2011年2月~4月まで、アイケーブリッジ外語学院の「韓国語・字幕翻訳プログラム」 を受講されその後、字幕翻訳家としてスタートされた具善玉さんに、当時のクラスのこと、字幕翻訳のお仕事のことをお聞かせいただきました。

授業で学んだこと~基礎の基礎から

  「韓国語・字幕翻訳プログラム」 で、どんなことを学びましたか?

 私が最初に字幕翻訳に触れたプログラムで、 まずは基礎の基礎から学びました。

授業は、その回のテーマについての解説の後、宿題の映像に皆の字幕を付けたものを見ながら、意見を言い合います。 他の受講生の翻訳はとても参考になります。もともと翻訳に「正解」はないので、いろいろな解釈があってよいと思いますし、 柔軟な考え方が重要だと思います。

また、映像を見る前に、スクリプトの音読をしました。受講生が役になりきって読みます。これは家で練習をしてくるように言われました。 一見、翻訳と音読は関係がなさそうですが、内容を理解するには音読が結構役に立ちます。今でもよく思い出して実践しています。

先生は現役で字幕翻訳をされている鷹野文子先生。楽しく、かつ厳しい授業でしたが、あのころに教わったこと
(便利ワザ等)は今でも役に立っています!メモ(ノートや、おさらいメール)をよく読み返しています。 クラスメイトの皆さんも本当に熱心な方ばかりでした。

字幕翻訳というお仕事

  字幕翻訳のお仕事についてお聞かせください

アイケーブリッジで授業を受けた後、 1年後くらいに翻訳会社のトライアルテストを受け、仕事を受注することができました。

実際仕事をしてみると、レッスンとは違い、聞き取りにくかったり、PCトラブルがあったり、納期がとても短かったり (これは自分の実力にもよりますが……)、いろいろなことがあります。

しかし、やはり続けたいと思っています。フリーなので、仕事の分量を調節するのが大変です。でも、最初は断らずに引き受けるしかないですね。これからも、翻訳の仕事は細く長く続けていきたいと思います。

アイケーブリッジについて

 アイケーブリッジについてお聞かせください

  友達が「シゴトの韓国語」コースに通っていたので、知りました。韓国語で何か仕事をしたいと思っていたところ、 字幕翻訳の講座を知り、受講しました。受講に当たっては、事前に開催されるデモレッスンに参加しましたが、 そこで実際のレッスンの感じがつかめました。


アイケーブリッジの皆さんはやさしい方ばかりでした。ちょうど震災のあったときでしたが、開講の時期をずらしてくださったりして、事務的ではない、人間的な温かさを感じました。

メッセージ

 これから字幕翻訳を学んでみようか、アイケーブリッジに入学しようか悩んでいる方にメッセージをお願いします!

 字幕翻訳は、とても細かい作業が要求されるので、向き不向きがあるかもしれません。悩んでいるときは一度やってみるのがよいと思います。向いてないと思ったら、別の分野もありますし。翻訳といっても新しい「作品」をつくるクリエイティブな作業です。私はそれが楽しいです。

もしも、韓国語を使って何かをしているイメージがあるのであれば、アイケーブリッジ外語学院でその思いをぶつけてみてはいかがでしょうか。


インタビューは以上です。ご協力ありがとうございました。具善玉さんの更なるご活躍を、講師、スタッフ一同
楽しみにしております!

アイケーブリッジ外語学院

ページトップへ

アイケーブリッジ外語学院

アイケーブリッジ外語学院

  • 電話:03-5157-2424
  • E-mail:info1@ikbridge.co.jp
  • 住所:東京都港区虎ノ門1-8-7富田屋ビル7階
  • お電話受付時間:月~金 12:00~21:30、土 10:00~18:00
Copyright © I.K.Bridge co.,ltd. all rights reserved.